09≪ 2017/10 ≫11
12345678910111213141516171819202122232425262728293031
個別記事の管理2010-09-30 (Thu)
お久しぶりの更新です。

実は昨日、午後から会社をお休みして実家へ帰り、その後行く所が有ったので久しぶりに電車に挑戦してきました。

勿論メイちゃんは飲みましたが。

緊張の中、無事に電車に乗る事ができました(^.^)

本当に久しぶりでしたね...電車   乗れて良かったです♪


なのですが...。

この後は、悲しい内容や体調の悪い内容が書いて有りますので、

具合が悪い方や悪くなりそうな方は閉じて下さいね。



その行った場所というのは、友達のお父様のお通夜だったんです。

今週の月曜日に友達から知らせを受けてから、心配で落ち着かなかったのでブログをお休みしていました。

お父様87歳。突然お風呂場で倒れられたそうです。

学生の頃や、悪化する前までは本当によくその友達の家に泊まりに行き、随分お世話になったので残念で仕方ありません。

友達は、中学・高校・専門学校とずっと一緒だった親友なのですが、私の病気が悪化してからは

会っていませんでした。

友達はファストフード店で働いているので土日が休みではなく、私も電車や車で行く事ができなかったので.....。

でもメールでのやり取りはしていましたし私の病気の事もわかってくれています。

昨日お通夜に行ってやっと友達と会えて友達も、お父様の年齢的な事からある程度「いつかは・・・」という思いが有ったから・・と話してくれて

気丈にも元気な姿を見せてくれて少し安心しました。

そして、「きっと、お父さんが会わせてくれたんだね」と笑顔で...。

私が励ましてあげなくちゃいけないのに、逆に励まされてしまいましたが、

親族の方は今はバタバタとしている時期なので、悲しむ暇も無いのですよね。

だからこれからは、どんどん電車に乗れるようにして、友達ともっともっと会える機会を増やしていきたい!

と、強く思いました。






そして、今回の事で、ショックな事が有るとPDにも悪影響が出る事を初めて体験しました。

友達は冷静だったので、いきなり電話で知らせるよりも、ワンクッションおいて

電車の中からまずはメールで私に知らせてくれました。

でも私には、ただただ残念な思いと友達が気の毒、という思いしかなかったので、すぐに電話をしましたが、出ない。

当然ですよね。電車の中だったんですから...。

私はそれを知らないものだから何度も電話をし、出ない事への不安が増大していきパニックの予期不安を呼び込んでしまいました。

その後、メールで電車に乗ってる事を知った時には心臓はバクバクし手が震えだしていたので、メイラックスとデパスを服用。

いちお仕事中だったのですが20分後くらいにやっと電話で話しができた時には思わず号泣してしまいました。

いけないですよね...本当に。励まさなくちゃいけない立場なのに。

話をして少し落ち着くかと思いましたが、時間を追う毎に予期不安はますます増大し、仕事の事が頭に入らない状態になっていたので

6時前に仕事を終了し、いちお医師から承諾を得ているのでメイラックスを通常の倍量服用し、そのままソファへ倒れこみました。

その直後に久しぶりの発作で、過呼吸・動悸・頭の中には「恐怖」の事しかない状態で、本当にちょっと手を動かす事も何もできず、1時間ピクリともできませんでした。

過呼吸は吐き出す呼吸法を繰り返しなんとかしのげますが、「恐怖」はなかなか。

自分でも久しぶりの発作だったし、ショックな事が影響するという事を初めて知ったので驚きました。

それからの夜は、電車に怖くて乗れない夢を見たりイヤな夢で叫んで目覚める...という二日間。

そして昨日の実家までの車の運転も、悲現実感と離人感が同時に来て、とにかく事故を起こさないように...という事だけを心がけて帰りました。


今日は朝から全身が筋肉痛です・・・。

こんな自分を情けないって思ってはいけないのかもしれませんが、

やっぱり情けないです。


早くこんな病気はやっつけよぉ

いや、でも焦ってはいけないですよね...。

ゆっくりのペースでいつか必ず

スポンサーサイト
* Category : 未分類
* Comment : (16) * Trackback : (0) |

長文失礼します。 * by blance
ななみっちv-22こんばんは

こういう書き方は、どうなのかなと思うけれど
友人しかも関わりの深い親友のお父様であり、何度も面識があって、親しみを持っていたかたであれば、
パニック障害という病気を持っていなくても、かなりのショックを受け、気持ちはかなり落ち込みます。

ななみっちやご友人の年齢からすると、お父様はもう会社は退職されたけれど、これから人生を楽しもうかと思う年齢。そして子供の私たちもまだ親は大丈夫と思っていて、「死」というものをあまり具体的に想像できない。
だからこそショックが大きいのだと思います。私もそうでした。
私も友人のお父様のお葬式に出席した時、涙が止まりませんでした。あまりにも涙が止まらなかったので、何か周囲に迷惑なのではと考えるほど、泣きました。

それよりもまず、お葬式に出席することが怖かったです。

パニック障害になる前には、友人の励まそうという気持ちが強かったのですが、パニック障害になってからは、友人がどんなに悲しいだろう、落胆しているだろうとまるで自分と友人の感情が同化したみたいな感覚に襲われて、
お葬式に出席すると自分がどうなってしまうのかわからないと言う不安があったからです。

でも、出席してよかったと思っています。涙は止まらなかったけれど、友人の顔を見たら(その時は話ができませんでした)安心したからです。

お通夜やお葬式の間は親族は忙しくって悲しみに実感が湧かないようです。

これからお友達とは会って話をしてください。お父様の思い出話とかね。
悲しみが楽しい思い出話で、和らいでいくから。
ななみっちの受けたショックもお友達と話をすることで、きっと和らいでいくと思うよ。

でも、発作は辛かったね。
身体に凄く力が入ってたんだね、筋肉痛になるほどに・・・

何度かメールをしようかと思ったのだけど、ななみっちの状況がわからなかったのでやめておきました。

パニック障害は喜びよりも悲しみの方をより深く受け取ってしまうから、今回のことはとても辛かったと思うけど、
きっとブロとものみんなが癒してくれるよ。

* by ちゃんふう
ななみさんおつかれさまでした。
お友達のお父様、残念でしたね。
なんと言ったらいいのかわかりません、ごめんさい...。

ななみさんが頑張って電車に乗って来てくれたこと、
お友達にもお父様にも気持ちはしっかり届いていると思います。

情けないなんてことは決してありません!
病気になったからこそわかる人の心の痛み、
そしてそのぶん優しい人になったと思います。
ゆっくりのペースで治していこうねv-290

* by おちび
ななみっち、お疲れ様。
お友達のお父様、残念でしたね。
私の友人の中では、お父さんにお世話になった って人がいないから、お葬式に行くって事もないかなあ・・・会ったことすらないんだよね。
私の父が亡くなったのは65歳。ななみっちのお友達のお父様の87歳に比べたら、かなり早い死だったな と思う。
息子や娘が今の高校に入った事、息子が医学の道に進んだこと、生きてたら喜んでくれてたかなあ・・・・

ななみっちがすごく頑張って電車の乗ってかけつけてくれた事、そんな気持ちは絶対に伝わってると思うよ。
何も励ましの言葉だけが重要なんじゃないと思います。
気持ちが大切なんだと。

発作の事。私もそういう状況あります。
メールだけ届いて、何の事やらわからず電話をしてもいっこうに出ない。何度かけても出ない。それだけで、何かあったかと心配になってしまって。もうおろおろ状態。
そんな時にパニックの不安がやってくるし・・・
でも、ダメなんだよね。頓服飲んでも発作の方は多少マシになっても、パニとは違う不安感だけは残ってしまうし、それがまた発作に繋がって悪循環~。
私も筋肉痛になるよ。
それだけ緊張してて、体にガチガチに力が入ってるんだろうね。

どたばたしてるお通夜や葬儀の時は実感はわかないものです。何がなんだかわからないうちに終わってしまう。
その後、どか~んと疲れが来て、少しずつ、もういない って実感がわいてくるから・・・
そんな時に、ななみっちの負担にならない程度に話を聞いてあげてほしいな。
とにかく、お疲れ様でした。

ななみちゃん。 * by yururi
ななみちゃん、お疲れさまでした。。
お友達は、ななみちゃんが中学生の頃からの親友だったの。。
大事なお友達のお父様…残念です。。

ショックなことは、パニックにとても影響してしまう。。
私も経験があります。でもとても悲しい話だし
今回のお話とよく似ているので
悲しみを助長しないためにも、ここでは書かないでおきますね。。

電話が通じなかったこと、大事なお友達のことを思う気持ちゆえに
不安が膨らんでいったこと…たぶん、普通の状態であっても
心配がつのると思う。。
でも、パニは、そうじゃない”信号”みたいなものが
望んでいないのに点滅してしまうんだものね…
それほど過緊張の状態…その後も、ななみちゃん辛かったね。。

でもね、情けないなんてことは、本当にないよ。。

お友達も、ご家族も、今はとにかく目が回る忙しさなのだと思います。
家族とお別れするときって、そうだよね。。
それで、一段落すると…疲れが色々な形で出てくるから
(うちの母も、今年よく倒れていたのはそれだったの。)

ななみちゃんも書いている通り、ゆっくりと、焦らずにね。。
そうして、ななみちゃんも、お友達も「お話したい」と思えたときに
「あの時は、お父さんが会わせてくれたんだね…。」と
微笑み合えるよう、強く願っています。

管理人のみ閲覧できます * by -

* by キキ
ななみさん、お友達のお父様残念でしたね・・・。
そんな悲しいことがあれば誰でも動揺すると思うし、
不安定になると思います。

そんな中で、電車に乗ってお通夜に行かれたのは
すごいことだと思います。
普通に電車に乗るのも不安だったと思うのに…。
心も乗る前から不安定だったと思います。

電話での予期不安・・・私すごくわかります。
そんな時はその事が済んでもなかなか正気になれないんですよね・・・。
私もそんな時は速攻で頓服に頼ります。

色んなことがあり次の日の筋肉痛、あるんですよね…。
今は、電車で行けたこと、素直に自分を褒めてあげて下さいね。
(自分は出来ないのにえらそうにすみません(T△T))

そして、筋肉痛はちょっと時間は掛かりますが
ゆっくり休んで疲れを取ってくださいね★

管理人のみ閲覧できます * by -

★ blance姉さんへ * by いつもななみ
blance姉さん、今晩は。
コメント有難うございます。

blance姉さんも、ご友人のお父様のお葬式の時には涙が止まりませんでしたか。
お気持ちお察します。

そして私も、blance姉さんと同じく、
友人がどんなに悲しいだろう、落胆しているだろうとまるで自分と友人の感情が同化したみたいな感覚に襲われます。
それなので、両親に伝える時にも泣いてしまうんです。

> でも、出席してよかったと思っています。涙は止まらなかったけれど、
> 友人の顔を見たら(その時は話ができませんでした)安心したからです。
本当にそうですよね。
とにかく声を聞かないと、顔を見ないと安心できないのです。
今回、私の友達は病気の事を知っているので、私が出席した事をとても喜んでくれました。
それが少しでも励ましになれたのかな...と思っています。

> これからお友達とは会って話をしてください。お父様の思い出話とかね。
> 悲しみが楽しい思い出話で、和らいでいくから。
> ななみっちの受けたショックもお友達と話をすることで、きっと和らいでいくと思うよ。
はい。友達のあの「お父さんが会わせてくれたんだね」と言った時の笑顔を思い出すと
今でも涙が出そうですが、これからはしっかり電車練習して少しでも多く友達との時間を過ごしたいと思います。

> でも、発作は辛かったね。
> 身体に凄く力が入ってたんだね、筋肉痛になるほどに・・・
ここのところPDの方はわりと落ち着いていると思っていた矢先だったので
結構、しんどかったです。

> 何度かメールをしようかと思ったのだけど、
> ななみっちの状況がわからなかったのでやめておきました。
blance姉さん、ご心配をおかけしました。
でも気にかけていただいていた事だけでも、とっても嬉しいです。

> パニック障害は喜びよりも悲しみの方をより深く受け取ってしまうから、
> 今回のことはとても辛かったと思うけど、
> きっとブロとものみんなが癒してくれるよ。
blance姉さんからも、とても優しい言葉を頂き癒されました。
本当に有難うございます。

★ ちゃんふうちゃんへ * by いつもななみ
ちゃんふうちゃん、今晩は。
コメント有難う。

> ななみさんおつかれさまでした。
> お友達のお父様、残念でしたね。
> なんと言ったらいいのかわかりません、ごめんさい...。
全然、謝らないでね。
ちゃんふうちゃんが、気にかけてくれた事だけでも私は心が癒されるので。

> ななみさんが頑張って電車に乗って来てくれたこと、
> お友達にもお父様にも気持ちはしっかり届いていると思います。
そうだといいな。
でも、お通夜の夜遅くに友達からメールが来たの。
そのメールには、「来てくれて凄く嬉しかった」って書いてあって、
本当に何が何でも行って良かったな...と思えました。

> 情けないなんてことは決してありません!
> 病気になったからこそわかる人の心の痛み、
> そしてそのぶん優しい人になったと思います。
ちゃんふうちゃんは、いつも私の事を「優しい人」って言ってくれるよね。
素直に嬉しいし、ちゃんふうちゃんも、とっても人の気持ちがわかる優しい人なんだと思う。

> ゆっくりのペースで治していこうねv-290
うん、焦らずにね、治していこう!って更に強く思えた事が私にとっては良かった事なのかもしれないね。
本当に有難う。

★ ちびっちへ * by いつもななみ
ちびっち、今晩は。
コメント有難う。

ちびっちのお父様は早くに亡くなられてしまったんだね。
> 息子や娘が今の高校に入った事、息子が医学の道に進んだこと、生きてたら喜んでくれてたかなあ・・・・
きっと喜んでくれてたに違いないと思うよ。

> ななみっちがすごく頑張って電車の乗ってかけつけてくれた事、そんな気持ちは絶対に伝わってると思うよ。
> 何も励ましの言葉だけが重要なんじゃないと思います。
> 気持ちが大切なんだと。
友達も私の病気の事を知っているから、最初の電話の時に私が「行かせて欲しい」って伝えた時には
本当に喜んでくれてね、
実際に、当日行く事ができて友達と会えて本当に心の底から良かった...と思ってる。
ただ、友達にとってはまだこれから先も続くからね。
今までなかなか会えなかった分、頑張って一緒に過ごせる時間を作っていきたいな、と思います。

発作の事は、やっぱりPDにとっては、不安材料があると、どうしても悪循環になってしまうよね。
ただ、ここのところ安定していたのでちょっとね、しんどかったけども。

> どたばたしてるお通夜や葬儀の時は実感はわかないものです。何がなんだかわからないうちに終わってしまう。
> その後、どか~んと疲れが来て、少しずつ、もういない って実感がわいてくるから・・・
> そんな時に、ななみっちの負担にならない程度に話を聞いてあげてほしいな。
うん、そうだよね・・・。
あれやこれや訳わからないうちに進んでいってしまうんだよね。
これからは、沢山話しができるようにしていきたいな、って思ってる。

> とにかく、お疲れ様でした。
ちびっち、本当に本当に有難う。

★ yururiちゃんへ * by いつもななみ
yururiちゃん、今晩は。
コメント有難う。

そうなの。
友達は中学も一緒で、高校進学時に私が引っ越しをしたので違う市の高校に行ったんだけども、友達も一緒に
同じ高校を選んでくれた大親友なの。
だから、本当に残念で...。

> ショックなことは、パニックにとても影響してしまう。。
> 私も経験があります。でもとても悲しい話だし
> 今回のお話とよく似ているので
> 悲しみを助長しないためにも、ここでは書かないでおきますね。。
yururiちゃんも、同じような経験が有ったんだね。
本当に辛かったでしょう..。
大変だったね。

> 電話が通じなかったこと、大事なお友達のことを思う気持ちゆえに
> 不安が膨らんでいったこと…たぶん、普通の状態であっても
> 心配がつのると思う。。
> でも、パニは、そうじゃない”信号”みたいなものが
> 望んでいないのに点滅してしまうんだものね…
> それほど過緊張の状態…その後も、ななみちゃん辛かったね。。
そうなの。
今さっきメールが来たのにどうして電話に出ないの?っていう不安が物凄くってね。
とにかく声を聞きたい!っていう気持ちが先走っているものだから、
悲しさと一緒に頭が混乱してしまって...。

> でもね、情けないなんてことは、本当にないよ。。
そう言って貰えると気持ちが少し楽になってくる。
ありがとう!

> お友達も、ご家族も、今はとにかく目が回る忙しさなのだと思います。
> 家族とお別れするときって、そうだよね。。
> それで、一段落すると…疲れが色々な形で出てくるから
そうなんだよね。しかも4人兄妹の末っ子で上3人は皆さんお兄さんで友達だけ女の子なの。
でもね、今回のを全部仕切ってやってるの。
だから後になってきっと、ドカッときてしまうと思う。

> (うちの母も、今年よく倒れていたのはそれだったの。)
yururiちゃんのお母様の体調が悪かったのも、それだったんだ...。
お母様も大変だったんだね。

> ななみちゃんも書いている通り、ゆっくりと、焦らずにね。。
> そうして、ななみちゃんも、お友達も「お話したい」と思えたときに
> 「あの時は、お父さんが会わせてくれたんだね…。」と
> 微笑み合えるよう、強く願っています。
うん、友達もまだ落ち着かないだろうし、私もゆっくりと焦らずに、でも「会いたい」っていう思いは
常にあると思うから、また微笑み合える日が来るように...それを目標とします。

yururiちゃん、優しい言葉を本当に有難う。

★ 鍵コメさんへ * by いつもななみ
鍵コメさん、今晩は。
コメント有難うございます。

葬祭場に私は早く着いてしまったんです。
でも、ちょうど友達が居て、いつの間にか手を握り合っていました。
そして、「来てくれて有難う」...あの言葉はずっとずっと私の心の中に留まっていると思います。

やはりこの病気は、少しでも不安材料があると、
悪い方へと考えてしまいがちになりますよね。
今回はその典型的な事でしたが...。

そうですよね。
何か必ずきっかけが有るんですよね。

殴りながら、ゆっくりいきましょうか。

話は変わりますが、
そうなんです。
私の名前は、名波選手からきてるんです。
ご存知なんて、凄く嬉しいですぅ!
日本代表で背番号10を背負っていましたから...。

チェックの事は気にしないで下さい。
そうゆう事だったっていうのがわかって安心しました。
有難うございます。

そして私の推理はハズレていましたね...。
残念です^^;

コメント本当に有難うございました。


★ キキちゃんへ * by いつもななみ
キキちゃん、今晩は。
コメント有難う。

> ななみさん、お友達のお父様残念でしたね・・・。
> そんな悲しいことがあれば誰でも動揺すると思うし、
> 不安定になると思います。
うん...。
そうだよね。誰でもやっぱり動揺するし不安定になるし..。
これが人間だもんね。

> そんな中で、電車に乗ってお通夜に行かれたのは
> すごいことだと思います。
> 普通に電車に乗るのも不安だったと思うのに…。
> 心も乗る前から不安定だったと思います。
実はアパートから実家まで帰るのも不安だったので、
頓服をダブルで服用して行ったの。
とにかく何が何でも、行きたい!っていう思いが強かったのでね。

> 電話での予期不安・・・私すごくわかります。
> そんな時はその事が済んでもなかなか正気になれないんですよね・・・。
> 私もそんな時は速攻で頓服に頼ります。
キキちゃんもやっぱりそうなんだね。
なかなか不安が消えてくれないんだよね。
私も同じで頼っちゃいます...。

> 色んなことがあり次の日の筋肉痛、あるんですよね…。
> 今は、電車で行けたこと、素直に自分を褒めてあげて下さいね。
> (自分は出来ないのにえらそうにすみません(T△T))
謝らないでね。
そう言ってくれて本当に有難う!
今回の事を一つの自信として、これからに繋げていければないいな...と思います。

> そして、筋肉痛はちょっと時間は掛かりますが
> ゆっくり休んで疲れを取ってくださいね★
はい。キキちゃんも色々と思う事が有って大変な時に
本当に優しいコメントを有難う。

★ 鍵コメさんへ * by いつもななみ
鍵コメさん、今晩は。
コメント有難うございます。

お返事は直接、ブログの方に書かせて頂きました。

わざわざ有難うございました。


* by みけみけ♪
ななみっち お友達のお父様のこと。。。
悲しかったね。ショックだったね。
心が不安定になって お通夜に行くまでに何回も発作を起こしながらも
本当によく頑張ったね。

大切なお友達の気持ちを思い遣り お友達のお父様への今までの感謝の気持ちが
あるからこそ 心が大きく揺れ動き涙もいっぱいこぼれたんだよ。。。
それだけ ななみっちの心が優しくて綺麗だということなんだよ。
だから決して情けなくなんてないんだよ!

お友達にも自分のことのように悲しんで泣いてくれるななみっちの思いは必ず
伝わっているし こういう辛いことでというのは悲しいけど 二人の絆は一層
強くなったんじゃないかな。

発作はとても嫌なものだし しんどかったと思うけど
そんな状況を抱えながらも ななみっちは電車に乗ることができた!
これってすごいことだよ!
そして電車に対しての感じ方がきっと随分変化したんじゃないかな。
乗れたんだっていう良いイメージがちゃんと ななみっちの心身に
インプットされてるはず。。。

だから そのお友達とも これからはきっと以前より会えるようになるさぁ!

でも今は ななみっちの心と身体は とっても疲れていると思うから 
とにかく心と身体を休ませてあげてね。
そして ゆっくりゆっくり一歩ずつ進んでいこうよね!
体調をみながら時には立ち止まったっていいんだもんね。

ななみっちのこと いつも応援してるからね!
それは ここに来てる皆さん同じ気持ちだと思うよ。
なんだか結局のところ上手く書けなくて ごめんよぉ。。。

筋肉痛少しは治まったかな?
この週末は思い切りゆった~り過ごしてね!
本当にお疲れ様でした。。。


★ みけちゃまへ * by いつもななみ
みけちゃま、今晩は。
コメント有難う。

8年位前に大切な友達のお母様が亡くなった時もね、
本当に友達が可哀そうで可哀そうで...。

こうゆう事は本当は本人が一番辛いのに
悲しいね...やっぱり。

> 心が不安定になって お通夜に行くまでに何回も発作を起こしながらも
> 本当によく頑張ったね。
ありがとう。
「行きたい!」っていう気持ちが凄く強かったから、
とにかく、『車はぶつからなければいいや!』『電車はもう狂ってもいいや!』
っていう火事場の馬鹿力みたいな感じだったのかも。

やっぱり大切な友達が悲しい思いをするのは、嫌だもん...。
みけちゃまにも、「情けなくない」って言って貰えて本当に気持ちが楽になったよ。
ありがとう。

葬祭場で会った時の私達は確かにみけちゃまの言う通り、
絆が深まったような気がする。
なんだか友達も私も本当に今まで以上に素直な気持ちで接していたから...。

> 発作はとても嫌なものだし しんどかったと思うけど
> そんな状況を抱えながらも ななみっちは電車に乗ることができた!
> これってすごいことだよ!
うん、そうだよね。
これは私の大切な自信として、これからもどんどん乗って
友達に会う機会を増やしていきたいな。

> でも今は ななみっちの心と身体は とっても疲れていると思うから 
> とにかく心と身体を休ませてあげてね。
うん。今ねちょうど薬を減らしているところだから
気分変調がまた出てきちゃってるんだけども、
みけちゃまが言うように少しずつ、進んでいけるようにしていきたい!

> ななみっちのこと いつも応援してるからね!
> それは ここに来てる皆さん同じ気持ちだと思うよ。
> なんだか結局のところ上手く書けなくて ごめんよぉ。。。
そんな事ないよぉ!
みけちゃま、本当に本当に心優しいコメントで癒されました。

> この週末は思い切りゆった~り過ごしてね!
> 本当にお疲れ様でした。。。
はい。ゆった~り過ごして心身を少しリフレッシュさせるね。

みけちゃま、本当に優しいコメントを有難う。

コメント







管理者にだけ表示を許可する